2018年12月8日土曜日

リヴフォーエバー近況報告@ナルタ牧場2018.11.27

◆ナルタ牧場コメント

リヴフォーエバーは、今週からWMを始めています。
パドック放牧はしないでWMから始めてくれ。
との獣医師からの指示で始めております。
よろしくお願いします。





2018年11月27日火曜日

リヴフォーエバー近況報告@ナルタ牧場2018.11.27

◆堀厩舎コメント

リヴフォーエバーは、舎飼いですが、運動が出来ないため元気一杯でした。
肢元も落ち着いており、来週からは、そろそろ運動を開始させたいと考えております。
よろしくお願いします。





2018年11月17日土曜日

リヴフォーエバー近況報告@ナルタ牧場2018.11.17

◆堀調教師コメント

リヴフォーエバーは、水曜日にエコー検査を行いました。
うっすらと黒く影が映っていたとのこと、
獣医師の診断では、あと3週間、舎飼いをしていれば治るとの診断でしたが、念のため3週間後にエコー検査で確認をして完治しているようなら、運動を開始する予定です。
よろしくお願いします。





2018年10月21日日曜日

リヴフォーエバー近況報告@ナルタ牧場2018.10.21

◆事務局コメント

リヴフォーエバーは、右前肢の腱鞘炎の個所は、既に腫れが引いて熱もなかったため患部は分かりにくかったです。

また数日前に堀調教師が視察に来られて患部を確認した時には痛がる素振りをしたため獣医師に診断させてくれとの要請から、一昨日診断をしてもらいました。
併せて全身の触診をしてもらいましたが、左前肢の深管(しんかん)を少し痛がっていました。
右肢を庇ったために痛めたのかもしれないとのことでしたが、程度は軽いもので、そもそも1か月の舎飼い予定であるならば、腱鞘炎と同様、治療をしないで動かさなければ治るとの診断結果でした。

その他は、特に傷んでいる箇所はないとのことでした。
1年以上頑張ってもらいましたので、既定の休養期間だと思い進めさせてもらいます。
腱鞘炎については、1か月後にエコー検査を行い、問題がないようなら、パドック放牧からWM運動を始めてもらう予定です。
引き続きよろしくお願いします。



 
 

 


 







 




 





2018年10月13日土曜日

リヴフォーエバー近況報告@堀厩舎2018.10.13

◆堀厩舎コメント

リヴフォーエバーは、本日ナルタ牧場に移動させました。
よろしくお願いします。





2018年10月11日木曜日

リヴフォーエバー近況報告@堀厩舎2018.10.11

◆堀厩舎コメント

リヴフォーエバーはレース後、歩様が悪く、レントゲンとエコー検査を行ったところ、右前肢のケイ靱帯に炎症を発症しました。
熱、痛みがあります。
獣医師の診断では、全治3-4か月とのことでした。
近々に千葉県富里市にあるナルタ牧場に放牧に出す予定です。
よろしくお願いします。

◆事務局から

リヴフォーエバーは、
優勝に手が届くところまで来ていたので、とても残念です!

獣医師の話では、病名は「腱鞘炎」、ケイ靭帯周辺にも腫れはあります。
この腫れは1週間ぐらいで引きますが、乗り運動を始めると再発の可能性もあるため
一ヶ月舎飼いして、再度エコー検査をし、結果が思わしくなければ
もう一ヶ月舎飼いをするということで、全治3~4ヵ月の診断結果となりました。

リヴフォーエバーは、かれこれ1年以上も頑張ってくれたので、少し休憩をして
また私たち馬主をワクワクさせてくれるレースをしてくれることを楽しみにしたいと思います。
よろしくお願いいたします。



2018年10月9日火曜日

リヴフォーエバー 46戦目@大井競馬場 12R 2018.10.9

2018年10月9日 (火) 大 井第12競走 ダート 1400m (外コース・右) 天候:晴 馬場:良
~日本の原風景~
江戸極彩棚田賞B3四 五選抜特別(サラブレッド系 一般 別定)

賞金 1着3,000,000円 2着1,200,000円 3着750,000円 4着450,000円 5着300,000円

6枠 12番 リヴフォーエバー 牡5 -56.0kg  492㎏ -5kg 8人気  達城 龍次騎手で出走いたしました。

結果:9

勝時計:1:28:6  本馬:1:29:7 1.1秒遅れ 本馬上がり 40.1秒


◆堀厩舎コメント

リヴフォーエバーは、スタートがとても良くなりました。
先に行けたのですが、外枠だと内ラチに入れることが残念ながら出来なかったです。
外を回されると溜めることが出来ず、圧迫がないため止めてしまいました。
次走は、このスタートの良さを活かのすため、距離を1600mに伸ばしてみます。
よろしくお願いします。


◆達城騎手コメント

スタートは抜群でしたが、1400mだとどうしても内枠が有利となってしまいます。
1600mだと楽に先に行けることが出来ますので、枠番にかかわらず内に入れることは可能だと思いますので試してみるのも良いかもしれません。




  ◆パドック












 ◆達城騎手